薄毛の原因となる頭皮や髪の健康

薄毛は突然なるものではなく、生活習慣の積み重ねから起こります。

また前兆もあり、頭皮や髪の毛の健康状態により育毛状態は大きく変わってきます。

育毛剤で髪の毛は成長しますが、元である頭皮の状態が悪い状態では育毛剤の効果を十分発揮する事は出来ません。

この薄毛になる前兆は複数ありますが、まずは髪の毛の腰がなくなった場合が上げられます。

髪のツヤがなくなったり、クセがついた、縮んできたなど明らかに以前と髪質が違ってきた場合は注意が必要です。

頭皮では、脂っぽくなってきたり、フケの増加、頭皮が硬く張りが出てきたなどの場合が前兆としてありますね。

頭皮の場合、頭皮の環境が変化してきていますので、頭皮の緊張状態が高まり、血行が悪くなってきた状態であることを示しています。

同時にフケなどの増加は、毛穴が詰まって来ていること意味します。

最終的には本来一つの毛穴から複数本数の毛が生えるのですが、1本しか生えて来なかったりします。

以前と髪質や頭皮の状態が違う場合が要注意となりますね。

改善方法としては、毎日の洗髪時に頭皮ケアを意識して行うことです。

意識して行うことで、毎日頭皮の状態などを考えチェックする事が出来ます。

一度薄毛になってしまうと、育毛剤などの費用もかかりますし、受診のための時間なども必要になってきます。

薄毛になる前に止めることで、時間・費用共に節約可能になりますので、健康状態と合せてみていきましょう。

そうすれば毎日の生活の質も向上していくはずです。